アスペルガー症候群の見分け方

アスペルガー症候群の見分け方ですが、まわりの変化に対応できなかったり、あいまいなことを言われたときに理解できなかったりする場合です。臨機応変な対応が難しい病気であり、他人の気持ちなどが理解できないことがあります。

わかりにくいのは、アスペルガー症候群には知的な遅れなどはありませんから、性格的に変わった人程度に思われてしまうことです。他人に合わせることをせずに、いつもひとりで行動している人などは、もしかするとアスペルガー症候群かもしれません。この病気に適した環境にいる場合などは、本人も気づけないことがあるようです。後で調べたときに当てはまる項目が多いことから、この病気にかかっていると気づけることもあります。

気になる症状が出ている場合は、診療内科などの医師に相談し、アスペルガー症候群の診断を受けることができます。インターネットなどでセルフチェックできるサイトがありますけど、専門家でも判断の難しい病気ですから、安易に決めつけないほうが良いでしょう。お子さんの場合は、親が心配して病院を受診させることもあるようです。ある程度の年齢にならないと傾向的なものは把握できませんから、本人に悩みなどが出てきてからでも遅くはないでしょう。